東海高等学校

【1】試験時間、問題数など

【2】入試結果

  合格者最低点

【3】出題傾向

【4】過去問(数学)

【5】試験対策

1.試験時間や問題数


教科 時間 配点 問題数
数学 50分 100点

大問6問 小問15問

※大問1,2以外はすべて図形

英語 50分 100点 大問4問 小問24問
理科 50分 100点 大問6問 小問28問
社会 50分 100点 大問8問 小問45問
国語 50分 100点 大問2問 小問15問

2.入試結果


合格者最低点

  R3 R2 H31 H30 H29
点数 283 306 294 299 299

3.出題傾向


出題内容 R3 R2 R1 H30 H29
▷数と式 ・数の性質    
・数・式の計算          
・因数分解          
・平方根  
▷方程式・不等式 ・一次方程式      
・二次方程式        
・不等式          
・応用          
▷関数 ・一次関数
・二次関数
・比例          
・関数とグラフ
・グラフ作成          
  R3 R2 R1 H30 H29
▷図形 ・【平面】角度      
・【平面】合同・相似
・【平面】三平方の定理
・【平面】円の性質
・〖空間〗合同・相似    
・〖空間〗三平方の定理
・〖空間〗切断  
・「計量」長さ
・「計量」面積
・「計量」体積      
・証明      
・作図          
・動点      
▷統計 ・場合の数      
・確率        
・統計・標本調査        
▷融合問題 ・図形と関数・グラフ
・図形と確率          
・関数・グラフと確率          
・その他          
▷その他          
  R3 R2 R1 H30 H29

4.過去問(数学)

目安の目標

 7割以上

▨ おさえておくべき1問集

※小問は、大問より、知識・スキルがないと解けない問題が多いです。

 ぜひおさえておいてください。

 ▶Youtubeでは、再生リストで全回分ご覧いただけます。


ダウンロード
R3 東海.pdf
PDFファイル 2.0 MB
ダウンロード
H30 東海.pdf
PDFファイル 2.4 MB
ダウンロード
H29 東海.pdf
PDFファイル 2.2 MB
ダウンロード
H28 東海.pdf
PDFファイル 2.9 MB
ダウンロード
H27 東海.pdf
PDFファイル 2.7 MB
ダウンロード
H26 東海.pdf
PDFファイル 2.8 MB

5.試験対策

 ここには、解いていて感じたことを挙げていきます。


【大問1・2】小問集合

(1)基本的な計算手順で素早く組み立てる。

   学校の問題集で見たことがない問題もあるが、基本ルールを丁寧に組み立てて確実に得点したいです。

   他校の入試のように、長い計算の出題はないです。

 

 

(2)大問2のレベルを戦えるように準備

  ・確率、数の問題が中心となっています。

  →大問3以降の関数・図形はなんとか考えを構築し始められるが、単独の単元の大問2はやっかいです。

   教科書や問題集で見たことあっても、何段階も深い。

   学校の授業でも数の問題系は掘り下げないので、難問を扱う問題集で考え方を身に付ける必要があります。

   他の単元に比べ、基礎も応用も経験数が少ないという自覚が大事。

【文章題】

(1)自力で組み立てる力を磨く

   無駄に手数が多い(計算が長いなど)問題ではないため、解説もシンプルになります。

  →解説などを読んで理解する力、それを再構築できる力が、練習時に大事になります。

 

 

(2)練習から手数が少ない考えの追究を。

   ゴリゴリ細かく計算したり、組み立てる工数が多い考えは、時間オーバーを招きます。

  →過去問や問題集に取り組むときは、単なる○付けではなく、解法の選択肢を増やす目的に切り替えると良いです。

 

 

(3)小問を拾いきる意識

   大問ごとにある小問(1)~は、複雑な行程を踏まずとも、他校でも頻出の内容のため、素早く解き切る計算力が必要です。

  →学校問題集のA+やBを、目で見て解決の道が見える段階を目指したいです。